大分県の不動産登記、債務整理、過払い、破産、個人再生、遺産相続、商業登記、不動産明け渡しは藤村鉄磨司法書士事務所にご相談ください。

藤村鉄磨プロフィール
山口県岩国市出身
昭和53年
岡山大学法文学部 法学科卒
昭和62年 司法書士開業
藤村鉄磨司法書士事務所
〒870-0045
大分市城崎町2丁目3番2号
ナカマビル101
097-535-0757 代表
097-535-0756 借金問題専用
FAX:097-535-0758
mirai@fujimurajimusyo.com

不動産登記

不動産登記について

不動産登記は、私達の大切な財産である土地や建物の所有権や抵当権などといったその不動産に関わる人々の権利を、登記簿という国の帳簿に登録し、公開することにより、私達が安心して土地や建物の取引を行うことが出来るようにするとても大切な制度です。 当事務所では、土地や建物を売ったり買ったりする際の手続を安全確実に成立させたり、土地や建物の相続という複雑な手続のサポートを不動産登記を通じて行っています。

登記手続きが必要なケース

不動産の売買

契約書を交わし売買代金を支払っていても、登記をしていないと第三者に不動産の所有権を主張することはできません。場合によっては売主が登記をしない間に他の人に売ってしまうこともあり得ます。その場合は原則として登記を先に申請したほうが所有者となります。このようなトラブルを未然に防ぐためにも登記手続きが必要です。

不動産の贈与

近頃は税制の優遇などで、不動産をお子さんへ贈与されるケースが増えてきました。当事者間には問題は生じないのでしょうが、登記を申請しておかないと第三者には贈与したことを主張できません。相続などが生じたときに思わぬトラブルが発生することもあります。無用なトラブルを生じさせないためにも登記手続きが必要になります。

ローンの完済・組変え

住宅ローンなどを組んだ時も登記が必要ですが、ローンの組変え等をした時にも登記が必要となる場合があります。またローンを完済した時にも、担保を抜いてもらうための登記(抵当権の抹消登記)をしておかなければ、担保は付いたままですので、できるだけ早く登記しましょう。

その他のケース

不動産の相続・財産分与、抵当権の設定、住所・氏名の変更等にも登記が必要になります。

手続きの流れ

STEP1

STEP2

STEP3

STEP4

STEP5

STEP6

ご相談
お電話・メールにてご相談ください。

受任
物件の調査、価格の査定に基づき方針を決定します。

必要書類の収集
登記に必要な書面を取得し、それに基づき必要書類を作成します。

押印
出来上がった書面に押印していただきます。

登記申請
必要書類がそろいましたら、登記申請させていただきます。

手続き完了
手続き完了後、登記識別情報(いわゆる権利書)登記事項証明書取得、交付致します。

↑ページトップ